FC東京観戦記を中心に日常を綴ったブログ


スタジアムガイドはこちらから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第30節 鹿島戦

大きな味スタで、これ以上ないくらい
選手の気持ちが伝わってきました。

文句なし。ベストゲーム。




結果。3-2。首位鹿島を真っ向勝負でねじ伏せる!!!


首位鹿島との直接対決

前日に名古屋、大分が足踏みしたことで、
勝てばまたトップ集団に手がかかり、負ければ首位と11ポイント差で
振り返れば中位。。。
分かれ目となる今シーズン最大の山場。

この状況でチーム、選手はやってくれました。
戦術、技術云々を抜きにして、これだけ気持ちの入ったゲーム
をしてくれたことだけで、今シーズンのベストゲームに挙げられるでしょう。

ここ数試合、どうしても勝ち点を失わないことを意識してしまい、
戦い方に迷いが生じることがありました。

しかし、後が無くなったこの試合は
気持ちを全面に押し出し、全員が前を向いていました。

今野が前を向き果敢に前線に絡む。
カボレが左サイドを自在に駆け巡る。
梶山が中盤で運動量豊富に攻守に顔を出す。
羽生がスペースを突き、石川が疾走する。
茂庭も厳しいところで体を張る。
長友も何かが吹っ切れたように前へ前と突き進む。
全員、最高のパフォーマンスでした。

今シーズン、試行錯誤していたものが
この大一番で具現化できた気がします。

カボレの先制ヘッドのあと、鹿島らしくすぐさま同点にされましたが、
この日の東京は心折れません。

長友、大竹の気持ちのゴール。
本当に、本当にすばらしい試合でした。

しかし、大竹は。。。ほんと末恐ろしいです。






この結果で、首位鹿島との勝ち点差は5。

一瞬見失ってしまった光がもう一度遠くにおぼろげながら見える
位置に来ました。

冷静に勝ち星計算すると東京は残り全勝で60。

その場合得失点差が絶望的なだけに、鹿島が残り
4試合のうち2敗することが必要となります。
鹿島が2敗してもその他のチームもあるわけで。。。

しかし、今年のリーグはまだまだ何か起きると思います。

それを信じて東京は目の前の試合をひとつひとつ、
この鹿島戦の気持ちで、そして自信を持って挑んで
欲しいと願っています。

そうすることで世界への挑戦権、その先にある頂点も
見えてくるでしょう。

トーチュウさんによるとカボレは優勝してみんなで泣きたいとか。

選手、監督はまだ諦めてません。

可能性がある限り。

まずはACL出場。勝ち取りましょう。


次は天皇杯をはさみガンバ大阪

ここも乗り越えなければいけない壁。

相手はACL決勝真っ只中。チャンスは十分にあります。

大阪、神戸の関西連戦、勝ってホーム最終戦、
最高の雰囲気で迎えましょう。
スポンサーサイト

テーマ:FC東京 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/10/27(月) 23:03:37|
  2. FC東京 FC東京08観戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天皇杯 4回戦 仙台戦 | ホーム | 第29節 大分戦>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tokyodaydreamer.blog75.fc2.com/tb.php/370-c4a80f68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tokyodaydreamer

tokyodaydreamer
生まれ育った街、東京。
その街のクラブチームを応援すべく、
日本全国を旅する毎日。
「東京」の誇りを胸に!

Twitter

MENU

LINK









当ブログのバナーはこちら。
リンクフリーです。

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

来場者数

累計:
現在:

無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。