FC東京観戦記を中心に日常を綴ったブログ


スタジアムガイドはこちらから!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天皇杯 準々決勝 清水戦

今年の東京はまだ終わらない。

いや、最後まで終わらない。来年の元日まで続くから。



結果。2-1。先制されるも赤嶺の2ゴールで逆転勝利!!


会場は仙台。

ちょうどこの週末は暖かく、思っていたより寒くなかったですね。


試合は、前半はこちらの中盤があまりうまく機能せず。

逆に清水は巧みなパスワークからリズムを作る。

そんな中、ペナルティエリア内で佐原の手に当たってしまい、
PKから失点。

そのまま前半終了。

「負けたら終わり」のカップ戦。

ハーフタイムに喝があったが、後半立ち上がり全員がトップギアから
試合に入る。

そして、達也がペナルティエリアにドリブルをしかけたところで倒され、PK。

相手の抗議で間があったが、赤嶺が落ち着いてこれを決める。

その直後、長友が入れたボールを達也が見事に赤嶺へ。逆転!!!

後半、ロングボールを入れてくる相手に落ち着いて対応。そのまま勝利。


まずは赤嶺!!!すばらしい逆転ゴール。
絶対に他のチームに行かせては駄目。

ゲームの組み立てに参加できず、消化不良になる試合もありましたが、
やっぱりこの決定力は間違いなくエースストライカー。
赤嶺無くして来年はありません。。。

そして、達也。

達也はドリブルで仕掛けているときもしっかりと周りが見えていますね。
中に切り込んでから闇雲に出すのではなく、しっかり決定機を演出できる。

守備陣もしっかり守れましたが、次は茂庭が出場停止。
でも、今の雰囲気ならしっかり対応できると信じてます。


これで準決勝進出。

何やら一瞬チケット騒動が起きましたが、今は落ち着いた模様。
やっぱりエコパが売り切れるはずは無かったですね。。。


相手は

そして頂点まで、さらに世界への扉まであと2勝。

必ず勝って、元日、国立へ行きましょう。



さて。今回の遠征は。。。

昼間から牛タン弁当食ってましたが、
夜も牛タンで祝勝会!



恐らく多くの東京人が各店舗に散らばったであろう、「利休」の牛タン

勝ったのでせっかくだし奮発して「極」を注文。

すげー、うめー。。。

その後、松島に移動し一泊。


翌日は日本三景、松島観光。




そして、なんといっても牡蠣!!!



バケットにいっぱいの牡蠣を豪快に焼いてそのまま食す。
これもうまい。。。

といった感じで、ほぼ食事は牛タンと牡蠣に終始しました。。。

一日にこんなに牡蠣を食うことは、二度とあるまい。。。
スポンサーサイト

テーマ:FC東京 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/12/23(火) 22:59:24|
  2. FC東京 FC東京08観戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第34節 千葉戦

20081207091939
ACL出場権の望みを持って挑んだ最終戦。

テンポよく2点先制しましたが。。。

結果。2―4。これ以上ない見事な逆転負け。

2点差は魔の点差と言いますが、これ程1点取られたときにあたふたするとは。。。

羽生が抜けたとき、もしくは居ないときに誰かがまとめられれば。。。

いつまでも「若いチーム」とは言ってられません。

来年の課題ですね。。。
しかし、今年は優勝を意識したり、例年にない経験もたくさんできました。
これをベースに城福東京は来年飛躍を期待。

さて、結果として清水に抜かれ6位。

去年の順位を考えれば、最後まで上位で戦え、結果は残したと思います。

来年はここから上。。。これが難しいですが、それを目指さなければなりません。

今年は楽しめた。。。来年は。。。

その前に天皇杯ですね!

リーグ順位で駄目でも、まだ全部終わったわけではありません。

天皇杯優勝。道は残ってます。

次は20日に清水。。。
今年苦い思いを何度も味わった相手。

最後に借りを返しましょう!

この関門を越えれば、29日は柏か広島。

チャンスはあるよね?

まだまだ今年は終わらない。。。

さて。

自分はというと仕事が忙しく夏休みを取っていなかったため、この週末から遅い休暇。。。

ということで、ちょっと旅に行ってきます。

行き先は。。。後程。
  1. 2008/12/07(日) 09:19:42|
  2. FC東京 FC東京08観戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第33節 新潟戦

ちょっと多忙で久々の更新になってしまいました。

で、今年もホーム最終戦。早いものですね。。。



結果。1-0。ホーム最終を勝利で締めくくる!!

優勝の可能性は無くなっていましたが、まだACL出場権は射程圏内。
という状態のホーム最終戦。
こんなに最後までわくわくしたシーズンも久しぶりですね。

得点は途中から入った赤嶺
いつのまにか柳沢が13点とってますが、
最後、追いつけるかもよ。

今年の始まりは期待と不安でいっぱいでしたが、
後半戦まで優勝争いに絡めたのは大きかったと思います。

神戸戦はやはり固かった。同点に追いついた後も、勝ちに焦り
早急なプレーが多かった。
こういうところは経験の差なのかもしれません。
今年、こういった経験をできたのは来季に繋がると思います。

で、現状はというとこの勝利で最終戦でACL出場権に届く位置。

相手は負ければ降格決定の千葉。

最後の最後で大一番となりました。

ACL出場権も他のチーム次第ですが、何かが起きることを信じて
勝利を目指すのみです。


さぁ、泣いても笑っても今シーズンのリーグラスト。
思い残すことの無いように楽しみましょう!!

そして、その後に続く天皇杯。今年は最後まで。。。

テーマ:FC東京 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/12/03(水) 23:18:52|
  2. FC東京 FC東京08観戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第31節 ガンバ戦

大阪から帰還後、体調悪化。

前のエントリで

「タイトスケジュールも楽しいから乗り切れる」

なんて書いていたら、乗り切れませんでした。。。


ということで、現在療養中。

鳥取は無理です。。



さて。

遅くなりましたが、ガンバ戦。



結果。3-1。カボレ、石川、平山で3発KO!!

相手はACL真っ最中のガンバ。
(昨日優勝。おめでとうございます)

気がACLに逸れていてほしいところでしたが、
前半からポゼッションは完全にあちら。

しかし、カウンターから石川のクロス、ファーに流れたカボレがヘッドで先制。

後半開始時、いつもやられがちなのでここで我慢できれば、と
思っていたら逆に石川が追加点。

さらに平山が追加点を決めて勝利を決定付けました。

最近思うことは、シュートへの意識が高くなっていること。

ちょっと前に陥っていた、ペナルティエリア外でボールを回した挙句
誰も打たずにロストする。。。といったことが減ったと思います。

今までは崩す意識のパス回しが多かったと思いますが、
最近は点を取ることにかなり意識が変わったように感じます。

ま、今回は塩田の度重なるファインセーブあり、運にも助けられた部分が
ありましたが。。。


なんにしても鹿島、ガンバの最大の壁を連勝で乗り切りました。

あとはわき目を振らず、ゴールまでつまずかない様に全力疾走するだけ。

ゴールして振り返ったら、一番先頭になってるかもよ。


ところで、久々の大阪でした。

いつもたこ焼き、お好み焼きと同じようなもんばっかり食べて終わってしまうので、
今回は趣向を変えて、千とせの肉吸い



めちゃめちゃ熱くてやられますが、卵かけご飯となぜか微妙に合います。
牛丼に卵載せるのと同じ感覚?いやすき焼きを卵につけるのと同じ感覚か?
どっちにしろおいしかったです。


さて、次は天皇杯、新潟戦。

鳥取は行けませんが、この勢いを消さないように。。。

テーマ:FC東京 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/11/13(木) 13:25:13|
  2. FC東京 FC東京08観戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天皇杯 4回戦 仙台戦

一時リーグを中断しての天皇杯。

リーグの行方が気になる中、
J2チームと戦うのはやっぱり難しいですね。

なんとか。。。



2-1。平山の2ゴールで辛勝。。。


仙台は試合開始から激しいプレッシングで東京にペースを握らせない。

J1チームを喰ってやろうと飛び掛ってくる相手に
リーグ終盤を中断していきなりの大会初戦。
鹿島、浦和もそうでしたが、やっぱり難しい。

そんな中、平山が2ゴール。

リーグでなかなか点が取れませんが、カップ戦になると
急に点取ります。

しかし、いずれもこぼれ球。本人は納得いってないようで。

確かに決めるチャンスはもっといっぱいありました。

本人が自覚しているのは良いことかもしれません。


なんにしてもこれで次の鳥取まで駒を進めました。

次の対戦は。。。新潟
ホーム最終戦で当たりますが、ここでも新潟に当たっちゃいました。

リーグの前に鳥取で叩いておきましょう。

テーマ:FC東京 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/11/03(月) 21:48:36|
  2. FC東京 FC東京08観戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第30節 鹿島戦

大きな味スタで、これ以上ないくらい
選手の気持ちが伝わってきました。

文句なし。ベストゲーム。




結果。3-2。首位鹿島を真っ向勝負でねじ伏せる!!!


首位鹿島との直接対決

前日に名古屋、大分が足踏みしたことで、
勝てばまたトップ集団に手がかかり、負ければ首位と11ポイント差で
振り返れば中位。。。
分かれ目となる今シーズン最大の山場。

この状況でチーム、選手はやってくれました。
戦術、技術云々を抜きにして、これだけ気持ちの入ったゲーム
をしてくれたことだけで、今シーズンのベストゲームに挙げられるでしょう。

ここ数試合、どうしても勝ち点を失わないことを意識してしまい、
戦い方に迷いが生じることがありました。

しかし、後が無くなったこの試合は
気持ちを全面に押し出し、全員が前を向いていました。

今野が前を向き果敢に前線に絡む。
カボレが左サイドを自在に駆け巡る。
梶山が中盤で運動量豊富に攻守に顔を出す。
羽生がスペースを突き、石川が疾走する。
茂庭も厳しいところで体を張る。
長友も何かが吹っ切れたように前へ前と突き進む。
全員、最高のパフォーマンスでした。

今シーズン、試行錯誤していたものが
この大一番で具現化できた気がします。

カボレの先制ヘッドのあと、鹿島らしくすぐさま同点にされましたが、
この日の東京は心折れません。

長友、大竹の気持ちのゴール。
本当に、本当にすばらしい試合でした。

しかし、大竹は。。。ほんと末恐ろしいです。






この結果で、首位鹿島との勝ち点差は5。

一瞬見失ってしまった光がもう一度遠くにおぼろげながら見える
位置に来ました。

冷静に勝ち星計算すると東京は残り全勝で60。

その場合得失点差が絶望的なだけに、鹿島が残り
4試合のうち2敗することが必要となります。
鹿島が2敗してもその他のチームもあるわけで。。。

しかし、今年のリーグはまだまだ何か起きると思います。

それを信じて東京は目の前の試合をひとつひとつ、
この鹿島戦の気持ちで、そして自信を持って挑んで
欲しいと願っています。

そうすることで世界への挑戦権、その先にある頂点も
見えてくるでしょう。

トーチュウさんによるとカボレは優勝してみんなで泣きたいとか。

選手、監督はまだ諦めてません。

可能性がある限り。

まずはACL出場。勝ち取りましょう。


次は天皇杯をはさみガンバ大阪

ここも乗り越えなければいけない壁。

相手はACL決勝真っ只中。チャンスは十分にあります。

大阪、神戸の関西連戦、勝ってホーム最終戦、
最高の雰囲気で迎えましょう。

テーマ:FC東京 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/10/27(月) 23:03:37|
  2. FC東京 FC東京08観戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第29節 大分戦

この正念場での2連敗。

悔しい。その一言につきます。





結果。0-1。フリーキックの一撃に沈む。。。


ひどい内容、では無かったと感じてます。


ただ、東京の攻撃に怖さはありませんでした。

守備の堅いチームを相手にすると、とたんにバリエーションが
無くなってしまう。

先制点を取られることだけは避けたかった展開だったが、
またもや鈴木慎吾にやられてしまう。。。


その後はホームだからと気張らない、大分の守備にはまる。。。


城福監督の言うとおり、守る相手に守りきられるのは非常に悔しい。

浦和や大分のように堅い戦い方をするチームへの対応。

ここ数年の課題ですが、今年はその壁を乗り越えるために
「ムービングフットボール」を掲げたはず。

1年目で全ての結果が出るとは思っていません。
来年に向けての引き続きの課題でしょう。


しかし。。。悔しい。

この結果で首位鹿島とは8ポイント差。

ただ、まだ終わったわけではない。目標はあるはず。

3位以内。もしくは他力になってしまうが4位以内。

残り5試合。目の前の試合を一つ一つ大切に戦うしかありません。



次は鹿島。現在の首位チーム。

残り少ないホームゲーム。

最後まで諦めずに戦いましょう。


旅ログは今回は悔しいので省略!

一言。

。。。焼酎、安いなぁ。。。

テーマ:FC東京 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/10/20(月) 22:57:28|
  2. FC東京 FC東京08観戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第28節 清水戦

9月無敗の5連勝で迎えた10月。

今季相性の良くない相手であり、
連勝の波に乗ってなんとか勝ちたいところだったが。。。


結果。1-5。大敗。


見えないプレッシャーがあったのか、東京は終始ぎこちない印象。

逆に清水はサイドに蓋をして、蹴りこんでくる形。

相性が悪いで片付けてしまえばそれまでだが。。。

サイドを閉じられている状態で中にエメルソンも羽生もいない布陣は
辛かった。セカンドボールはことごとく相手に渡り、あえなく失点。

負けてはいけない状況で先制されたことでさらに東京は混乱。
前半だけで3失点。

後半からエメルソン、大竹を投入し、開始早々エメルソンが1点を返す。
この時間でもう1点取れれば。。。というところで、4失点目。


結果5失点の大敗となった。


しかし、これで諦めては上なんて一生いけない。

辛い、苦しい状況なのはわかっていること。

それでも、もがいて上に上がっていかなければ先はない。

見ているこちらが諦めてはいけない。

少しでも可能性がある限り、最後まで。


そんな中、名古屋、浦和の上位陣が足踏み。

まだまだ首位と5点差。運は残っていた。


次から大分、鹿島、ガンバの3連戦と今シーズンの山場。

苦しい状況だが直接当たることをむしろチャンスと思って。

監督のコメントのとおり、これからはトーナメント。負けられません。


まずはACL出場権。

そして、願わくばその先にあるものを。。。

テーマ:FC東京 - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/10/06(月) 22:13:00|
  2. FC東京 FC東京08観戦記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

tokyodaydreamer

tokyodaydreamer
生まれ育った街、東京。
その街のクラブチームを応援すべく、
日本全国を旅する毎日。
「東京」の誇りを胸に!

Twitter

MENU

LINK









当ブログのバナーはこちら。
リンクフリーです。

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

来場者数

累計:
現在:

無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。